日付でフィルタされたアイテム: 2月 2022

2022年3月11日金曜日、12日土曜日に、生殖細胞と減数分裂をテーマにシンポジウムを大阪大学蛋白質研究所にて開催します。
11日の午後はこの3月に退職される佐々木裕之先生(九州大学)、仲野徹先生(大阪大学)、平岡泰先生(大阪大学)、相賀裕美子先生(遺伝研)、4名による講演を、“生殖細胞と減数分裂研究の過去、現在、未来”というタイトルで行います。
翌日の12日には、現役の研究者によるシンポジウム” 生殖細胞・減数分裂研究の最前線”を企画しております。
両日ともコロナの感染リスクを鑑み、ハイブリッド形式を予定しています。11日の4名の先生には今のところ、大阪大学に来て頂き、講演していただくことを予定しております。

シンポジウム-“生殖細胞と減数分裂研究の過去、現在、未来” http://www.protein.osaka-u.ac.jp/seminar/20220311_12/

• 日程 :2022年3月11日(金)12:50~17:30、3月12日(土)9:25~16:00
• 場所:大阪大学蛋白質研究所本館1階講堂+オンラインのハイブリッド開催
  ■主催:大阪大学 蛋白質研究所 篠原 彰
  ■共催:新学術領域研究 配偶子インテグリティ 林 克彦
       新学術領域研究 全能性プログラム 小倉 淳郎
                  熊本大学発生医学研究所 中村 輝 石黒 啓一郎

プログラムは以下のurlをご参照下さい。
http://www.protein.osaka-u.ac.jp/wp-content/uploads/2022/02/poster20220311_12.pdf

オンライン参加のみ、事前の登録が必要となります(参加登録期日:2022年3月7日(月)正午まで)。
url: https://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=qam-pbrgm-222f0c75b7667e8308d08225c5d54d36

Multiple NIH funded post-doctoral positions are available in the laboratory of  Prof. Zhijian Qian, in the Department of Medicine/Biochemistry and Molecular Biology at the University of Florida to study cancer and stem cell biology. Ongoing studies in the lab include DNA/RNA-mediated epigenetic, transcriptional and post-translational regulation of gene expression related to normal hematopoiesis, leukemogenesis and tumorigenesis, and development of new targeted therapies for hematological malignant diseases and cancers.  Various biochemistry and molecular techniques, genomic approaches as well as genetic and xenograft mouse models are employed in the studies. For the related works of our laboratory, please see recent publications: NAR 2021, Blood (2021a, 2021b), Nature Communication 2020, Cell stem Cell 2020, Nature Immunol 2015. 

標記の顕彰事業について、受賞候補者の推薦の依頼が独立行政法人日本学術振興会理事長から日本RNA学会の会長宛てにありましたのでお知らせします。つきましては、日本RNA学会会長からの推薦を希望される一般正会員の方は、受賞候補者推薦要項を熟読の上、下記により応募書類の提出をお願いします。
日本学術振興会賞トップ

締め切り 2022年3月14日(月)

熊本大学発生医学研究所では、教授もしくは准教授 (独立准教授) を募集しています。

詳細は、添付のpdfをご覧ください。

 

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: