日付でフィルタされたアイテム: 12月 2021

日本RNA学会の名誉会員である古市泰宏氏が、第5回日本医療研究開発大賞 文部科学大臣賞を受賞されました。おめでとうございます。

東京大学定量生命科学研究所・RNA機能研究分野 (泊研究室) では助教または講師を募集しています。RNA and/or タンパク質に関係する面白い基礎研究であれば、専門分野は問いません。若い研究者の皆さんの自由で独創的な研究をできる限り応援します。研究室メンバーとの相互作用によって、新しい化学反応が生まれることを期待します。詳しくはJREN-INの公募情報をご参照ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121121429&ln_jor=0

日本RNA学会が推薦した魏 范研氏と日本RNA学会会員の北川 大樹氏が、第18回(令和3(2021)年度)日本学術振興会賞の受賞者に決定しました。

東京大学 定量生命科学研究所による第2回 IQB Public Lecture「mRNAワクチンってどんなもの?」(2021年10月開催)の講義動画が定量生命科学研究所YouTubeチャンネルにて公開されています。詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://www.iqb.u-tokyo.ac.jp/event/211206/

RNA学会会報第44号が発行されました。

RNAフロンティアミーティング2021の参加登録が開始されました。

日程は、2022年3月2日から4日です。

詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://sites.google.com/view/rna-frontier-meeting-2020

 

2021年12月09日

最後の巻頭言

COVID-19の発生から約2年が経過しました。日本では第5波が収まり、元の生活を取り戻しつつありますが、お隣の韓国では感染が拡大してますし、オミクロンという得体のしれない新しい変異株が登場するなど、まだまだ終わりが見えない戦いに愕然とします。グローバル化が進んだ現代社会においては、世界的に収束しないと意味がないことがよくわかります。ワクチンや治療薬が全世界に普及することが唯一の解決策なのかもしれません。各国リーダーたちの英知に期待したいと思います。

熊本大 発生研では、海外セミナーシリーズとしてzoomでのセミナーを企画しています。

12月17日(金)9:00~10:00にPeter K. Toddのセミナーを開催します。

【Title】CGG repeat-elicited neurodegeneration in Fragile X Tremor-Ataxia Syndrome
【Speaker】Peter K. Todd(Professor and Associate Chair of Research, Department of Neurology, University of Michigan, USA)
【Date & Time】Fri, December 17, 9:00〜10:00

聴講を希望される方は、下記urlより登録頂くと、zoom ID、パスワードが通知されます。
https://www.keyforum2021.org/imegseminar

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: