公募情報等

HIRI PhD program

2022年08月02日

HELMHOLTZ Institute for RNA-based Infection ResearchがPhDコース の学生を国際公募いたします。

詳細はHP (こちら) をご覧下さい。

 

兵庫県公立大学法人兵庫県立大学大学院理学研究科では下記の要領により教員を公募いたします。つきましては、適任者の御推薦又は応募について、関係の方々に御周知賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。本学は主体的にダイバーシティの推進に取り組んでおり、多様な人材の採用に努めております。特に女性教員の積極的な応募を歓迎しており、応募者が同等の能力である場合には、積極的に女性の採用を検討します。

The Long lab (www.longlab.org) at the Weill Medical College of Cornell University is actively recruiting a Postdoctoral researcher. We are seeking a highly motivated and creative candidate that can fit in our energic, interactive and fun lab environment. Experience and training in one or more of the following areas is recommended: omics, RNA biology, epigenetics, CRISPR, bioinformatics or other related fields.

HOPEミーティングは、アジア・太平洋・アフリカ地域の博士課程学生及び若手研究者が、ノーベル賞受賞者をはじめとする著名研究者や同年代の研究者と交流する合宿形式の会議です。
日 程:令和5年(2023年)2月27日(月)~3月3日(金)
開催方式:集合・対面方式
※ただし、講演者はオンライン参加になることがあります。
申請締切:令和4年(2022年)年9月9日(金)17:00
申請方法:申請者本人が、HOPEミーティング専用電子申請システムより申請
募集要項:https://www.jsps.go.jp/hope/boshu.html
チラシ: https://www.jsps.go.jp/hope/data/boshu/14th_hope_flyer.pdf

【本事業に係る問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会 国際事業部研究協力第一課
「HOPEミーティング」担当
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議とは、ドイツ南部のリンダウ市において、ノーベル賞受賞者が世界各地から集った博士課程学生及び若手研究者に対して講演やディスカッション等を行う国際会議です。
対象分野:生理学・医学分野
日 程 :令和5年(2023年)6月25日(日)~30日(金)
申請締切:令和4年(2022年)8月5日(金) 17:00(日本時間)
申請方法:申請者の所属機関を通じた電子申請システムによる申請(所属機関が日本国内の場合)
募集要項:https://www.jsps.go.jp/j-lindau/shinsei_boshu.html
ポスター:https://www.jsps.go.jp/j-lindau/data/r5/r5_lindau_poster.pdf

【本事業に係る問い合わせ先】
独立行政法人日本学術振興会 国際企画部人物交流課
「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業」担当
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

近畿大学 農学部 生物機能科学科では、バイオインフォーマティクス分野の教員を公募いたします。詳細は添付資料をご覧下さい。

https://www.kindai.ac.jp/files/about-kindai/employment/teachers/nogaku/20220601-02.pdf

「どうしてこの論文の面白さが分からないの?」と思ったことはありませんか?
本セミナーは、元Cell Pressの編集者であるSpyros Goulasが編集者目線から見た論文執筆の効果的な技法を紹介する「論文出版へのロードマップ」シリーズの第1回目です。今回は、論文のストーリー構成に焦点を当て、優れたストーリーがもたらす付加価値と、基本構成を効果的なストーリーとして展開する技法を紹介します。論文投稿経験のある研究者やPIはもちろん、これから投稿したいと思われる学生の方の参加を歓迎します!

ASIA RNA Club

2022年05月26日

この度、アジアタイムゾーンの国のRNA研究者によるオンラインミーティングシリーズ「ASIA RNA Clib」を開催することになりました。日本、中国、韓国、シンガポール、オーストラリアの各国がローテーションでホスト国となり、年2回、15時から18時頃までの予定で、毎回6名のスピーカー(2名がシニア研究者、4名が若手PIやポスドク等のearly carreer研究者)が発表します。ミーティング後にはZoomのブレイクアウトルームを利用したスピーカーとの交流の時間も設ける予定です。第1回のミーティングは8/22に開催予定です。

「先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム(第2期先進ゲノム支援)」は文部科学省科学研究費助成事業の学術変革領域研究『学術研究支援基盤形成』 に2022年から6年間の予定で採択されたものです。本事業では第1期「先進ゲノム支援(2016~2021年度)」を一層発展強化させ、最先端のゲノム解析及び情報解析のシステムを整備し、科研費課題から公募により選定された課題の支援等を通じて我が国のゲノム科学ひいては生命科学のピーク作りとすそ野拡大を進めることを使命としています。本公募はそのような支援に相応しい科研費課題を募るものです。English to follow/英語は後に続きます。

新潟大学自然科学系地球・生物科学系列では、准教授を公募いたします。詳細は以下のサイトをご覧下さい。

https://www.niigata-u.ac.jp/university/recruit/faculty-members/

記事掲載のご案内

本ページへの情報掲載をご希望の方はこちらからページ名を添えてお知らせください。

会員の方はご自身で記事を投稿できます。
入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: