<走馬灯の逆廻しエッセイ> 第30話「国産mRNAワクチンへ向けて」

投稿者 古市 泰宏

この2年間のコロナウイルスによる厄災を振り返ると、色々の記憶が重なって感慨深い。自粛のストレスや、経済の沈静化、緊急事態宣言など暗いニュースの中で、マスコミの報道がやたら騒がしかった。武漢での感染発生から始まり、ダイヤモンドプリンセス号、世界での惨状、PCR騒ぎ、コロナ治療薬、新型ワクチンの副作用、ワクチン接種の実施、コロナと五輪をネタにした政治闘争、そして、今後は国産ワクチンの開発をどうするかなどへ続くだろう。話題は次々に登場し、踊り、消えてゆくのであるが、mRNAワクチンの製造技術は、未知の新型ウイルスに対しても短時間で対処できるうえに、抗がん剤などへ応用できるうえに、国防上も非常に重要であるので、この国の根幹にかかわる技術として、是非、根付かせたいものである。そんなことで、老生もこの問題から目を離すわけにも行かず、25話から30話まで6話も続けてコロナに関するエッセイを書くことになってしまったが、これを最後としたい。

最初の25話から、「感染を避けながら、経済と医療体制をキープし、ワクチンができるのを待つしかない」と言ってきたのだったが、ついに、その期待のワクチンを接種してもらった。ファイザー社のワクチンだった。まさか、昔、苦労して発見したmRNAキャップを、―――体内へ打ち込んでもらうなどーーー思いもよらないことであったが余りにも投与量 (0.3 ml) が少ないのと、筋肉注射が痛くないことで、特段の感慨もなく、2回目の接種もアッという間もなく過ぎてしまった。

モデルナ社のmRNAワクチン製造を探偵する

同じ日、モデルナ社のmRNAワクチンの製造と販売が、医薬品機構 (PMDA) から承認されて、その申請書が公開されているので読んでみたが、これがひどい。申請書は、武田薬品と機構との合意で作られたようだが、黒く塗りつぶされた部分が多くてmRNAワクチンがどうやって作られたのか「わからない」ようにしてある。新しい医薬品の製造・販売の承認文書の公開って、一体何なんだろう?「このような新しい医薬品が、このような審査の末、承認されました」ということの、国民への告知ではないのか?私のような薬学者が読んでも判らないようにしてある公開文書を、形式的にだすPMDAの体質は何なんだろう。一体、どこを向いているのだろうか?海外での臨床試験のデータは、論文発表もしてあるので、これは隠すわけにはゆかないらしく、無修正で翻訳して残してある。mRNAワクチンの開発に遅れをとった日本の政府機関と製薬会社が、合意の上で、最先端の医薬品の製造方法を同業他社に見せないようにしているーーーそんな風景としか思えない。そんな体質だから、世界の新薬開発に後れを取り、毎年、数兆円に近い医薬品の輸入超過を続けることになるのだろうと思わざるをえない。自動車の輸出で稼いだ分を医薬品で擦っているとしか思えない。PMDAには猛省を促したい。ファイザーの申請書にも黒塗り部分はあったが、限定的で、おおらかで、いろんなことがわかったが、武田薬品の申請書はーーーひた隠しに隠しているようでーーー“みみっちい”と言わざるを得ない。mRNAワクチンの全体構造は、キャップを入れ、N1メチルシュードウリジンを使ったりしていることなど、ファイザーのものと、同じであるが、黒塗りの裏を探偵してみると、どうやらmRNAの頭の部分のキャップの付け方に違いがあるようである。

ファイザーのワクチンは、(m7, m3’-O)Gppp(m2’-O)ApGで始まり、作り方の概要は、第29話で紹介したレシピで示してある。他方、モデルナのワクチンの製造法は色々隠してあり、わからないようにしてあるのだが、消し忘れてある試薬名から謎が解けてきた。申請書には、天然型キャップと書いてあるから、このmRNAにはm7Gppp(m2’-O)ApGが付いているのだろうと想像できる。ーーーであれば、ファイザーのmRNAキャップとは、キャップ構造の細部で違う。多分、ワクシニアウイルスのキャッピング酵素2種類を使った、Post-transcriptional な酵素反応によってつくったものであろうーーーそんな製造方法が黒塗りの㊙のなかに隠されているのだと思われる。この方法では、高価な2種類の酵素とメチル化試薬のSAM (S-adenosylmethionine) を使うから、「ファイザー風mRNAワクチン」よりコストも手間もかかるはずだ。それだから、モデルナワクチンは、ファイザーより10ドルほど高くなり、1回分が30ドル台になるのであろう。この「モデルナ風mRNAワクチン」のレシピは後ほど作ってみたい。

キャップの付け方が違う

ファイザーとモデルナでは、mRNAワクチンの頭の部分のキャップに違いがあるようだが、キャップの違いによってどちらがタンパク合成において優れたmRNAであるかについては詮索しないでおきたい。老生はあまり違わないだろうと見ている。日本ではこれから、研究試薬として、mRNAワクチンの作成が、あちこちの大学やベンチャーや製薬会社の研究室で始まるであろう。キャップを付ける方法は2種類あって、それは、Co-transcriptional capping とPost-transcriptional cappingという言葉で区別されることを述べておきたい。―――この区別は、ハッキリ言って老生 (国立遺伝研―米国ロシュ分子生物学研究所) とバーニー・モス博士 (Berny Moss、NIH) との40年間の宿年のライバル関係にある違いでもある。言っておくが、バーニーと私は親しい友人であり、彼は現在86歳―――彼は、まだ、NIHに研究室を持ち、フロリダからテレワークで研究を楽しんでいる。以下は、多少、専門的になるので青字で区別して書くことにする。

Co-transcriptional capping

キャップの発見は、昔、国立遺伝学研究所で、老生が三浦謹一郎先生と蚕細胞質多角体ウイルスの研究をやっていた時、メチル化ドナーであるSAMを転写系に入れるとmRNA合成が始まることを見つけたのが最初のきっかけだった。メチル化されたキャップは、転写のごく初期に (10塩基以内の短いオリゴヌクレオチドの時点で) 作られていた。つまりSAMとメチル化酵素は「転写開始の鍵」のような働きもするらしいのである。いまや、mRNA学の元祖とも言われるロックフェラー大のダーネル教授と一緒にやった実験でも、核内のアデノウイルスや宿主ヒト細胞のmRNAの前駆体 (hnRNA) は、出来たばかりの短いオリゴRNAの段階で、すでにキャップ構造はできていたからーーーキャッピングは、転写の初期段階で起こるーーーと提唱してきた。すなわち、RNAポリメラーゼはm7Gを作るグアニリルN7メチルトランスフェラーゼと連動して、mRNA合成の開始とキャッピング (とメチル化) を同時に行うという仮説である。後に、蛋白質の立体構造を明らかにする技術が開発されて、RNAポリメラーゼ (Pol-II) とメチルトランスフェラーゼは一つの複合体の中にあることが証明されていて、この仮説を裏付けるものだった。このタイプのキャッピングは、Co-transcriptional cappingと言われている。老生はこの呼び方が中途半端なので、概念としては「Pre-transcriptional capping」とか、「Methylation-coupled transcription」であると主張してきた。インフルエンザウイルスのmRNA合成が、キャップがなければ起こらないように、Capping と転写開始は連動していると思われる。ファイザーのmRNAワクチンはこの仮説に添うように、キャップオリゴマー (TriLink社製) をプライマーとして使ってmRNAの製造が行われる。

キャップ生合成メカニズム

mRNAの合成に伴うキャッピングは、以下のプロセスで進む (図1)。この工程は1976年に老生が見出して提唱したもので、すでに教科書に取り入れられて定説になっている。4工程の酵素反応からなっていて4種の酵素と1分子のGTPと2分子のSAMを必要とする。モデルナ社のmRNAキャップは、多分、このようにしてT7によるRNA合成中にワクシニアのキャッピング酵素とGTPとSAMを加えて作られているはずだ。最初にpppApG (図ではpppNpN) がポリメラーゼにより作られ、リン酸が1個除かれてppApGとなる。ここへGTP(pppG)の中のpG部分が結合し、GpppApG (図ではGpppNpN) ができる。そして、その次に左側のGpの7位へメチル基が入りキャップ中最も重要なm7Gができてm7GpppApGとなる。ここまでの連続的な反応は全てワクシニアのキャッピング酵素がやってくれるのであり、便利だ。バーニーのお手柄でもある。2種類の蛋白質複合体から成るワクシニアのキャッピング酵素には、ここまでの3行程を行う3種類の酵素が含まれている。最後に、m7GpppApGのAp部分のリボースへメチル基を入れる別の酵素2'-O-methyltransferaseがm7GpppApGに働き、m7GpppAmpGが完成する。この最後の2'-O-methyltransferaseは、先に作られたm7Gに依存的だから、気を付けなくてはならない。

 
図1.mRNAへキャップを付ける4段階の酵素反応
4行程の反応プロセスを行う4種類の酵素。ワクシニアキャッピング酵素標品 (市販) は最初の3行程を行う活性を含む。最後の2'-O-メチル化を行う2'-O-methylteansferase (市販) は単一酵素。基質として、1分子のmRNAワクチンに対して、1分子のGTPと2分子のSAMを必要とする。図は、Furuichi, Y. (2015) Proc. Jpn. Acad. Ser. B Vol. 91より転載。

Post-transcriptional capping

米国NIHのバーニーの研究室は、酵素研究が上手だ。SAMを入れると蚕CPVウイルスのmRNA合成が開始してmRNAがメチル化されるという私の大発見トピックスを、論文の査読中に知ったのだと思うが、このSAMの効果を、彼はワクシニアウイルスの転写系で試してみた。その結果、ワクシニアのmRNAはメチル化されていることを確認し、私が米国へ留学するのに手間取っている間に、まんまとキャップ構造を解明し、1975年の1月号のPNASで発表した。この雑誌の同じ号では、私と留学先上司のShatkin博士と作ったヒト・レオウイルスのキャップ構造の論文が、きわどく数日間の先行受付で載っているので、研究競争で負けたわけではないがーーー本当にきわどかった。米国渡航の前に、投稿していた古市・三浦のNature論文も1月に出ていて、三浦先生との論文も、バーニーには負けはしなかったが、本当に危なかった。彼は、ウイルス粒子をDetergentで可溶化して、その中にあるキャッピング酵素やメチル化酵素を分別して精製することに成功した。それらの酵素は、その後、試薬として売られ、永くRNA研究で使われてきた。ワクシニアのキャッピング酵素やメチル化酵素は優秀で、pppNpN-―――のRNAに、後からでもキャップを付けることが出来る。そんな酵素を持っているから、バーニーはPost-transcriptional cappingを提唱するのであるが、酵素生化学の問題と、細胞生物学の問題を、同じまな板の上に載せて議論するようで決着はつかない。後年、バーニーが奥さんを連れて来日した折、1日、鎌倉へ誘った。小町通りの日本食で3人で昔話と夕食を楽しんでいたのだが、我々の話を傍で聞いていた奥さんが「えっ、あんた達、永い間のライバルだったの?もうやめなさいよ」と言ったのは可笑しかった。

さて、モデルナのmRNAワクチンは、T7ポリメラーゼで作ったpppApG---RNAへ、SAMとキャッピング酵素を加えて、その末端をm7Gppp(m2’-O)ApGに変えるのであろうが、RNA合成中にCo-transcriptional反応で、それが同時にできれば、工程数を減らすことが出来るであろう。

モデルナ風ワクチンmRNAのレシピ 

29話のファイザー・ビオンテクmRNAワクチンのレシピに続き、モデルナワクチンの芯の部分 (コードネームmRNA1279) の作成レシピについて紹介したい。これは老生が昔のやり方を思い出しつつ恣意的に作ったものなので、諸兄姉には、さらなる工夫を凝らして作ってみられたい。二つのレシピは、UTPに替えてハンガリー出身の女性研究者Katalin Kariko博士とDrew Weissman博士が、細胞性免疫を避けるために使ったシュードウリジンN-1-methyl ΨTPを使っている。
 
この後、不要になったDNAをDNaseで分解し、低分子ヌクレオチドを除去するなどして、mRNAを精製する。なお、RNAのキャッピングがうまくいってない場合にも、くじけてはいけない。T7ポリメラーゼによって合成されたRNAを一度単離・精製して、1 mlの1X 転写反応液に再溶解し、GTP 1 mM、並びにSAM 1 mMとワクシニアキャッピング酵素や2'-O-methyl transferase を加えて、こんどは、実際にPost-transcriptional capping反応を行わせることが出来よう。

mRNA・LNPの製剤化

次に、mRNAワクチンの製剤は、4種類の脂質混合液とミックスすることによりmRNA/LNPサスペンジョンを作り、筋肉注射剤とするのであるが、この工程には製薬会社のノウハウ部分があるので不明なところが多い。4種類の脂質とは、コレステロール、DSPC、(黒塗り部分の、多分カチオン性脂質の) SM102、ならびにPEG-2000である。これらの脂質間の混合比やmRNAとの混合比は㊙であり、製剤サスペンジョンの粒子径や安定性、さらには注射時のアナフィラキシーショックの原因にもかかわる重要なノウハウである。脂質の希アルコール溶液をmRNAと混合し、その後、アルコールを限外ろ過して除き、安定な酢酸緩衝液・サスペンジョンとするのであろうが詳細については不明である。これらのことの多くは㊙事項であるが、興味のあるところでもある。

新規サーキュラーmRNAワクチン

それでは、今後のmRNAワクチンの開発は、現在の基本技術で頂点に達したのであろうか。いやそうではなさそうだ。現在のmRNAワクチンは直鎖状の一本鎖RNAだが、これに関する特許などを全て回避した形のサーキュラー (環状) RNAが考えられている。これを開発しようとする新ベンチャーLaronde (ラロンデ) が米国で作られていて、巨額の資金が投下されている (https://cen.acs.org/のニュース記事より)。Larondeは、フランス語で、“丸い”という意味だそうだ。そんな丸い構造のRNAをeRNA (endless RNA) と呼ぶそうで、eRNAにはキャップが入る余地がない。

また末端がないことから、多分、細胞性免疫を避けることが出来るので、N-1-methyl ΨTPの必要も無くなるかもしれないし、エキソヌクレアーゼによる攻撃も受けないので細胞内では安定かもしれない。さて、そうなると、蛋白合成に必要なキャップがないので、リボソームが結合するサイトをRNA中に設置しなければならないのであるが、それには、このエッセイシリーズの第7話で紹介したポリオウイルスが細胞に侵入した時にーーーキャップ非依存的なタンパク合成の際に使うーーーIRESと呼ばれる特殊な二次構造を作る配列 (Internal Ribosome Entering Sequence) を組み込んで使うことになろう。IRESは、現カナダMcGill大の教授のジェリー・ペレティア (Jerry Pelletier) とナフム・ソネンバーグが1988年に発表した構造156でーーー「キャップを持たないポリオウイルスのmRNAはどうしてタンパク合成を行えるのだろう?」というーーー素朴な好奇心から発して見つけたRNA構造であり、実は、ポリオウイルスの感染などとは関係のない植物細胞の中でも働ける普遍的なRNA構造である。そんなeRNAには、キャップもポリAもないが、そのIRES構造の後ろにはKozak配列を含む「開始コドン」があり、蛋白質をコードするORFが続き、その後ろには「終止コドン」がきて、そのあと、ぐるりと回ってまたIRES へつながるという構造である。IRESを介して結合したリボソームはeRNAから離れることなく何度も効率よくタンパクを作り続けることが出来るであろう (図2)。老生は、先に、これからのワクチンは分子生物学mRNAワクチンと喝破したが、eRNAは、多くの先人が残した功績を組み入れた第2のメッセンジャーRNA医薬になると期待されるのであり、皆さんの活躍を期待したい。

図2.想定される環状mRNAワクチンの構造
赤で記したIRESはリボソームのエントリーサイトであり、実際の構造については「ポリオmRNAに関する発見とIRES」(第7話) を参考にされたい。図はhttps://cen.acs.org/のニュース記事からの転載。

おわりに

RNA医薬への興隆へ

RNAを素材とする医薬品にはsiRNA、マイクロRNA (miRNA)、アンチセンスオリゴ (ASO)、アプタマーなどがあるが、近年、mRNAがその舞台の主役を務めるようになったと思われる。mRNAの医薬品化は、我々RNA研究者の夢であったが、技術的な壁とデータ不足に阻まれて、その実現は遅々としていた。しかしながら、コロナウイルスのパンデミックを奇貨として、緊急医薬のニーズから、mRNAワクチンが良い先例となりーーー世界何億人もの被検者からの、安全性などに関する豊富な臨床データに恵まれるなどしてーーーmRNAの医薬品化が奔流のようにスタートしたことに拍手を贈るものである。mRNAワクチンの臨床応用は、壮大ではあるものの、わずか2年間足らずの応用であり、いまだ最終結論を得たものではないが、我々が知る分子生物学的や免疫学の観点からみると、最先端科学を担保にした、安全で、副作用も少ない、理想的なワクチンであると思える。

3回目のワクチン接種もmRNAワクチンなら可能

変幻自在な難敵コロナウイルスに対してーーー年一回定期的な、合計3回以上の接種も必要になるかもしれないがーーーmRNAワクチンなら、先に紹介したレシピに従って容易にこれに対応することが出来るし、迅速に、新しい抗原配列に対するワクチンを調製することもできよう。感染症対策のためのワクチンだけではなく、抗がん剤など第29話に述べたような通常の病気への医薬品に対してもmRNA医薬は適用できそうなポテンシャルを有している。

理解不足によるガセネタ

しかしながら、RNAをDNAと取り違えた誤った理解から、あるいは「狼怖い」的なネガティブニュースが好きなメディアや、テレビのワイドショウによって、昨今、心無いデマ情報が拡散され、ワクチン回避の原因になろうとしているのは、誠に残念である。

アデノウイルスをベクターとするDNAワクチンでは、核内でmRNAが作られるため、RNAの配列次第では不必要なスプライシングが核内で起こり、その結果、mRNAの3'側にあるべき、膜アンカー領域が除かれたmRNAが作られてしまい、「細胞膜上に固定できないスパイク蛋白」ができてしまうということが指摘されている。この場合、悪玉のアンカーフリーになったスパイク・フラグメントは、血流に乗り微小血管へ運ばれ、ACE2レセプターを持つ細胞を殺し、その死骸と炎症反応で、例えば脳血栓症を起こす可能性が考えられる。しかしながら、これはDNAワクチンの場合であり、細胞質にとどまるタイプのーーーmRNAワクチンでは、そのようなことは起こりえないーーーそんな理屈は、この稿の読者には理解して頂けるものと思う。不毛で有害なフェークは、そのようなRNAとDNAの違いや、核の内外 (うちそと) の違いを理解できない著名な医科学者人の言葉を「切り取って」作られている場合が多いので、RNA学会員の皆さんには、是非、周囲への正しい理解の啓蒙をお願いしたく思う次第である。

 

 第一回  第二回  第三回  第四回  第五回  第六回  第七回  第八回  第九回  第十回  第十一回  第十二回  第十三回  第十四回  第十五回  第十六回  第十七回 |  第十八回 |  第十九回  第二十回  第二十一回  第二十二回  第二十三回  第二十四回  第二十五回  第二十六回  第二十七回  第二十八回  第二十九回  第三十回 


References

1. Miura K, Watanabe K, Sugiura M, Shatkin AJ.
 The 5′-terminal nucleotide sequences of the double-stranded RNA of human reovirus.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1974 Oct;71(10):3979-3983.
 PMID: 4530278

2. Furuichi Y.
 "Methylation-coupled" transcription by virus-associated transcriptase of cytoplasmic polyhedrosis virus containing double-stranded RNA.
 Nucleic Acids Res. 1974 Jun;1(6):809-822.
 PMID: 10793759

3. Smith AE.
 Modified nucleotides in messenger RNA?
 Nature 1974 Aug;9 250(5466) 461.
 PDF (237K)

4. Furuichi Y, Miura KI.
 Identity of the 3′-terminal sequences in ten genome segments of silkworm cytoplasmic polyhedrosis virus.
 Virology. 1973 Oct;55(2):418-425.
 PMID: 4742779

5. Furuichi Y.
 Discovery of m(7)G-cap in eukaryotic mRNAs.
 Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci. 2015;91(8):394-409.
 PMID: 26460318

6. Furuichi Y, Miura K.
 A blocked structure at the 5′ terminus of mRNA from cytoplasmic polyhedrosis virus.
 Nature. 1975 Jan 31;253(5490):374-375.
 PMID: 163011

 PDF (414K)

7. Furuichi Y, Morgan M, Muthukrishnan S, Shatkin AJ.
 Reovirus messenger RNA contains a methylated, blocked 5′-terminal structure: m-7G(5′)ppp(5′)G-MpCp-.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1975 Jan;72(1):362-366.
 PMID: 1054511

8. Wei CM, Moss B.
 Methylated nucleotides block 5'-terminus of vaccinia virus messenger RNA.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1975 Jan;72(1):318-322.
 PMID: 164018

9. Adams JM, Cory S.
 Modified nucleosides and bizarre 5'-termini in mouse myeloma mRNA.
 Nature. 1975 May 1;255(5503):28-33.
 PMID: 1128665

 PDF (1.6M)

10. J. Darnell H. Lodish D. Baltimore
 Molecular Cell Biology
 Scientific American Books, W. H. Freeman and Company. (1986)

11. James E. Darnell.
 RNA: Life's Indispensable Molecule
 Cold Spring Harbor Laboratory Press. ISBN: 978-1-936113-19-4.
 CSH Press

 Amazon.co.jp

12. Furuichi Y, Morgan M, Shatkin AJ, Jelinek W, Salditt-Georgieff M, Darnell JE.
 Proc Natl Acad Sci U S A. (1975) 72(5):1904-1908.
 PMID: 1057180

13. Furuichi Y, Muthukrishnan S, Tomasz J, Shatkin AJ.
 J Biol Chem. (1976) 251(16):5043-5053.
 PMID: 821947

14. Abraham G, Rhodes DP, Banerjee AK.
 Cell. (1975) 5(1):51-58.
 PMID: 165900

15. 古市 泰宏
 蛋白質・核酸・酵素 (1977) 22(10), 1201-1204.

16. Sommer S, Salditt-Georgieff M, Bachenheimer S, Darnell JE, Furuichi Y, Morgan M, Shatkin AJ.
 Nucleic Acids Res. 1976 Mar;3(3):749-765.
 PMID: 1272797

17. Amiya K. Banerjee
 Proc Natl Acad Sci U S A. (2012) 109(46):18629-18630.

18. Furuichi Y, Shatkin AJ, Stavnezer E, Bishop JM.
 Nature. 1975 Oct 16;257(5527):618-620.
 PMID: 170541 PDF

19. Gelinas RE, Roberts RJ.
 Cell. 1977 Jul;11(3):533-544.
 PMID: 884734

20. Thomas M, White RL, Davis RW.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1976 Jul;73(7):2294-2298.
 PMID: 781674

21. Berget SM, Moore C, Sharp PA.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1977 Aug;74(8):3171-3175.
 PMID: 269380

22. Krug RM, Morgan MA, Shatkin AJ.
 J Virol. 1976 Oct;20(1):45-53
 PMID: 1086370

23. Plotch SJ, Krug RM.
 J Virol. 1977 Jan;21(1):24-34.
 PMID: 833924

24. Bouloy M, Plotch SJ, Krug RM.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1978 Oct;75(10):4886-90.
 PMID: 283399

25. Furuichi Y, Shatkin AJ.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1976 Oct;73(10):3448-52.
 PMID: 185613

26. Bouloy M, Morgan MA, Shatkin AJ, Krug RM.
 J Virol. 1979 Dec;32(3):895-904.
 PMID: 513205

27. Furuichi Y.
 Review:Caps on Eukaryotic mRNAs. In: eLS. John Wiley & Sons, Ltd: Chichester.
 DOI: 10.1002/9780470015902.a0000891.pub3

28. Krug R.M. and Fodor E.
 Webster-Textbook of Influenza
 Wiley
 Amazon

29. Urushibara T, Furuichi Y, Nishimura C, Miura K.
 FEBS Lett. 1975 Jan 1;49(3):385-9.
 PMID: 162886

30. Shatkin AJ.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1974 Aug;71(8):3204-7.
 PMID: 4528644

31. Hickey ED, Weber LA, Baglioni C.
 Nature. 1976 May 6;261(5555):71-2.
 PMID: 944859

32. Enigma Variations’ of mammalian messenger RNA. (News & Views)
 Nature. 1975 May 1;255(5503):9
 PDF

33. Muthukrishnan S, Both GW, Furuichi Y, Shatkin AJ.
 Nature. 1975 May 1;255(5503):33-7.
 PMID: 165427

34. Both GW, Banerjee AK, Shatkin AJ.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1975 Mar;72(3):1189-93.
 PMID: 165487

35. Both GW, Furuichi Y, Muthukrishnan S, Shatkin AJ.
 Cell. 1975 Oct;6(2):185-95.
 PMID: 1182800

36. Furuichi Y.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1978 Mar;75(3):1086-90.
 PMID: 349555

37. Furuichi Y, LaFiandra A, Shatkin AJ.
 Nature. 1977 Mar 17;266(5599):235-9.
 PMID: 557727

38. Filipowicz W, Furuichi Y, Sierra JM, Muthukrishnan S, Shatkin AJ, Ochoa S.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1976 May;73(5):1559-63.
 PMID: 1064023

39. Sonenberg N, Shatkin AJ.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1977 Oct;74(10):4288-92.
 PMID: 270673

40. Sonenberg N, Morgan MA, Merrick WC, Shatkin AJ.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1978 Oct;75(10):4843-7.
 PMID: 217002

41. Nahum Sonenberg
 Biochem Cell Biol. 2008 Apr;86(2):178-83. doi: 10.1139/O08-034.
 PMID: 18443631

42. Lazaris-Karatzas A, Montine K.S. Sonenberg N.
 Nature. 1990 Jun 7;345(6275):544-7.
 PMID: 2348862

43. Lazaris-Karatzas A. Sonenberg N.
 Mol Cell Biol. 1992 Mar;12(3):1234-8.
 PMID: 1532049

44. Kitamura N, Semler BL, Rothberg PG, Larsen GR, Adler CJ, Dorner AJ, Emini EA, Hanecak R, Lee JJ, van der Werf S, Anderson CW, Wimmer E.
 Nature. 1981 Jun 18;291(5816):547-53.
 PMID: 6264310

45. Nomoto A, Lee YF, Wimmer E.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1976 Feb;73(2):375-80.
 PMID: 174106

46. Lee YF, Nomoto A, Detjen BM, Wimmer E.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1977 Jan;74(1):59-63.
 PMID: 189316

47. Nomoto A, Kitamura N, Golini F, Wimmer E.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1977 Dec;74(12):5345-9.
 PMID: 202952

48. Nomoto A, Detjen B, Pozzatti R, Wimmer E.
 Nature. 1977 Jul 21;268(5617):208-13.
 PMID: 196204

49. Wimmer E.
 Cell. 1982 Feb;28(2):199-201.
 PMID: 7060125

50. Etchison D, Milburn SC, Edery I, Sonenberg N, Hershey JW.
 J Biol Chem. 1982 Dec 25;257(24):14806-10.
 PMID: 6294080

51. Kräusslich HG, Nicklin MJ, Toyoda H, Etchison D, Wimmer E.
 J Virol. 1987 Sep;61(9):2711-8.
 PMID: 3039165

52. Lee KA, Sonenberg N.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 1982 Jun;79(11):3447-51.
 PMID: 6954488

53. Sonenberg N, Pelletier J.
 Bioessays. 1989 Nov;11(5):128-32.
 PMID: 2556117

54. Marilyn Kozak and Aaron Shatkin
 J. Biol. Chem. 1976 Jul.; 251(19):4259-4266.
 PMID: 932032

55. Marilyn Kozak and Aaron Shatkin
 J. Biol. Chem. 1977 Oct.; 252(19):6895-6908.
 PMID: 893449

56. Marilyn Kozak
 Nature. 1977 Sep; 269: 390-394.
 PMID: 909586

57. Marilyn Kozak
 Annu. Rev. Cell Biol. 1992; 8:197-225. Review
 PMID: 1335743

58. Marilyn Kozak
 Mol. Cell Biol. 2001 Mar;21(6): 1899-1907. MiniReview
 PMID: 11238926

59. Robert Schneider
 Mol. Cell Biol. 2001 Dec;21(23): 8238-8246. Letter to Editor
 PMID: 11710333

60. Marilyn Kozak
 Mol. Cell Biol. 2001 Dec;21(23): 8246-8256. Author’s Reply

61. Marilyn Kozak
 Nucleic Acids Res. 2001 Dec 15; 29(24):5226-5232.
 PMID: 11812856

62. Marilyn Kozak
 Gene. 2007 Nov 15; 403(1-2): 194-203.
 PMID: 17888589

63. 古市泰宏 Marilyn Kozak
 蛋白質核酸酵素 1977, 22(3), p236-240.

64. KozakM and Nathans D.
 Bacteriol Rev. 1972 Mar;36(1):109-34. Review.
 PMID: 4555183

65. Saiki RK, Scharf S, Faloona F, Mullis KB, Horn GT, Erlich HA, Arnheim N.
 Science. 1985 Dec 20;230(4732):1350-1354.
 PMID: 2999980

66. Saiki RK, Bugawan TL, Horn GT, Mullis KB, Erlich HA.
 Nature. 1986 Nov 13-19;324(6093):163-6.
 PMID: 3785382

67. Mullis K, Faloona F, Scharf S, Saiki R, Horn G, Erlich H.
 Cold Spring Harb Symp Quant Biol. 1986;51 Pt 1:263-73.
 PMID: 3472723

68. Mullis KB, Faloona FA.
 Methods Enzymol. 1987;155:335-50.
 PMID: 3431465

69. Gelfand DH and White TJ.
 PCR Protocols: A Guide to Methods and Applications (Edited by Innis MA, Gelfand DH, Sninsky JJ, White TJ, Academic Press, San Diego), 1990;p129-141.
 Amazon

70. Nuss DL, Furuichi Y, Koch G, Shatkin AJ.
 Cell 1975;6:21-27.
 PMID: 1164732

71. Nuss DL, Furuichi Y.
 J Biol Chem. 1977 May 10;252(9):2815-21.
 PMID: 16003

72. Yamakawa M, Furuichi Y, Nakashima K, LaFiandra AJ, Shatkin AJ.
 J Biol Chem. 1981 Jun 25;256(12):6507-14.
 PMID: 7240222

73. Ogino T, Yadav SP, Banerjee AK.
 Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Feb 23;107(8):3463-8.
 PMID: 20142503

74. Abraham G, Rhodes DP, Banerjee AK.
 Nature. 1975 May 1;255(5503):37-40.
 PMID: 165428

75. Yanagisawa M, Kurihara H, Kimura S, Tomobe Y, Kobayashi M, Mitsui Y, Yazaki Y, Goto K, Masaki T.
 Nature. 1988 Mar 31;332(6163):411-5.
 PMID: 2451132

76. Arai H, Hori S, Aramori I, Ohkubo H, Nakanishi S.
 Nature. 1990 Dec 20-27;348(6303):730-2.
 PMID: 2175396

77. Sakurai T, Yanagisawa M, Takuwa Y, Miyazaki H, Kimura S, Goto K, Masaki T.
 Nature. 1990 Dec 20-27;348(6303):732-5.
 PMID: 2175397

78. Adachi M, Yang YY, Furuichi Y, Miyamoto C.
 Biochem Biophys Res Commun. 1991 Nov 14;180(3):1265-72.
 PMID: 1719979

79. Breu V, Hashido K, Broger C, Miyamoto C, Furuichi Y, Hayes A, Kalina B, Löffler BM, Ramuz H, Clozel M.
 Eur J Biochem. 1995 Jul 1;231(1):266-70.
 PMID: 7628480

80. Summers MD, Anderson DL.
 J Virol. 1972 Apr;9(4):710-3.
 PMID: 5021310

81. 宮本力、古市泰宏
 蛋白質・核酸・酵素、35、2598-612 (1990)
 PMID: 2176306

82. Satoh M, Miyamoto C, Terashima H, Tachibana Y, Wada K, Watanabe T, Hayes AE, Gentz R, Furuichi Y.
 Eur J Biochem. 1997 Nov 1;249(3):803-11.
 PMID: 9395330

83. 宮本力
 BIO medica 5, 1277-1281 (1990)

84. Zaug AJ, Cech TR.
 Cell. 1980 Feb;19(2):331-38.
 PMID: 7357611

85. Grabowski PJ, Zaug AJ, Cech TR.
 Cell. 1981 Feb;23(2):467-76.
 PMID: 6162571

86. Wild MA, Gall JG.
 Cell. 1979 Mar;16(3):565-73.
 PMID: 455443

87. Cech TR, Zaug AJ, Grabowski PJ.
 Cell. 1981 Dec;27(3 Pt 2):487-96.
 PMID: 6101203

88. Peltz SW, Brown AH, Jacobson A.
 Genes Dev. 1993 Sep; 7(9):1737-54.
 PMID: 8370523

89. Karousis ED, Nasif S, Mühlemann O.
 Wiley Interdiscip Rev RNA. 2016 Sep;7(5):661-82.
 PMID: 27173476

90. Chang JC, Temple GF, Trecartin RF, Kan YW.
 Nature. 1979 Oct 18;281(5732):602-3.
 PMID: 492326

91. Maquat LE, Kinniburgh AJ, Rachmilewitz EA, Ross J.
 Cell. 1981 Dec;27(3 Pt 2):543-53.
 PMID: 6101206

92. Matsumoto T, Shimamoto A, Goto M, Furuichi Y.
 Nat Genet. 1997 Aug;16(4):335-6.
 PMID: 9241267

93. Yamabe Y, Sugimoto M, Satoh M, Suzuki N, Sugawara M, Goto M, Furuichi Y.
 Biochem Biophys Res Commun. 1997 Jul 9;236(1):151-4.
 PMID: 9223443

94. Thermann R, Neu-Yilik G, Deters A, Frede U, Wehr K, Hagemeier C, Hentze MW and Kulozik AE.
 EMBO J. 1998 Jun 15;17(12):3484-94.
 PMID: 9628884

95. 山下暁朗
 実験医学、30、1471-80 (2012).

96. Kurosaki T, Maquat LE.
 J Cell Sci. 2016 Feb 1;129(3):461-7.
 PMID: 26787741

97. Dahm R.
Dev Biol. 2005 Feb 15;278(2):274-88.
 PMID: 15680349

98. Dahm R.
 Hum Genet. 2008 Jan;122(6):565-81.
 PMID: 17901982

99. Shapiro R, DiFate V, Welcher M.
 J Am Chem Soc. (1970) 92(2):422-424.

100. Hayatsu H, Wataya Y, Kai K.
 J Am Chem Soc. (1970) 92(3):724-726.

101. Hayatsu H, Wataya Y, Kai K, Iida S.
 Biochemistry. (1970) 9(14):2858-2865.
 PMID: 5459538

102. Frommer M, McDonald L, Millar DS, Collins CM, Watt F, Griggs GW, Molloy PL, Paul CP.
 Proc Natl Acad Sci U S A. (1992) 89:1827-1831.
 PMID: 1542678

103. Elson D, Chargaff E.
   Experientia. 1952 Apr 15;8(4):143-5.
 PMID: 14945441

104. Chargaff E, Lipshitz R, Green C.
 J Biol Chem. 1952 Mar;195(1):155-60.
 PMID: 14938364

105. 三浦謹一郎
 核酸の化学
 東京科学同人. (1962)

106. Nirenberg MW, Mattaei JH.
   Proc Natl Acad Sci U S A. 1961 Oct 15;47:1588-602.
 PMID: 14479932

107. Grunberg-Manago M, Ochoa S.
 J Am Chem Soc. (1955) 77(11):3165-3166.

108. Nirenberg MW, Mattaei JH.
   The 5th International Congress of Biochemistry, Moscow August 1961

109. Singer MF, Heppel LA, Hilmoe RJ.
   J. Biol Chem. (1960) 235:738-50.
 PMID: 14447077

110. Berg P, Baltimore D, Brenner S, Roblin RO, Singer MF.
   Science. (1975) 188:991-4.
 PMID:1056638

111. Tsugita A, Fraenkel-Conrat H, Nirenberg MW, Matthaei JH.
   Proc Natl Acad Sci U S A. (1962) 48:846-53.
 PMID:13922861

112. 西村 暹
 蛋白質・核酸・酵素、51、815-22 (2006).
 

113. Takanami M.
   Biochim. Biophys. Acta. (1962) 55: 132-138.
 PMID:13919134

114. Kaji H, Kaji A.
   Biochem. Biophys. Res. Commun. (1962) 48:846-53.

115. Leder P, Nirenberg M.
   Proc Natl Acad Sci U S A. (1964) 52:420-427.
 PMID:14206609

116. Nirenberg M, Leder P.
   Science. (1964) 145: 1399-1407.
 PMID:14172630

117. Sato K, Egami F.
   J. Biochem. (1957) 44: 753-767.

118. Holley RW, Everett GA, Madison JT, Zamir A.
   J. Biol. Chem. (1965) 240:2122-2128.
 PMID:14299636

119. 國中 明
   蛋白質・核酸・酵素、11、1253-6 (1985).

120. Söll D, Ohtsuka E, Jones DS, Lohrmann R, Hayatsu H, Nishimura S, Khorana HG.
   Proc Natl Acad Sci U S A. (1965) 54:1378-85.
 PMID:5325653

121. Nishimura S, Jacob TM, Khorana HG.
   Proc Natl Acad Sci U S A. (1964) 52:1494-501.
 PMID:14243524

122. Nishimura S, Jones DS, Khorana HG.
   J Mol Biol. (1965) 13:302-24.
 PMID:5323614

123. Imai M, Richardson MA, Ikegami N, Shatkin AJ, Furuichi Y.
   PNAS (1983) 80: 373-377.
 PMID:6300836

124. Imai M, Richardson MA, Ikegami N, Shatkin AJ, Furuichi Y.
   Double-stranded RNA Viruses. Elsevier/North-Holland. (1983) 15-26.

125. Both GW, Siegman LJ, Bellamy AR, Ikegami N, Shatkin AJ. Furuichi Y.
   J Virol. (1984) 51, 97-101.
 PMID:6328048

126. Okada Y, Richardson MA, Ikegami N, Nomoto A, Furuichi Y
   J Virol. (1984) 51, 856-9.
 PMID:6088807

127. Richardson MA, Iwamoto A, Ikegami N, Nomoto A, Furuichi Y.
   J Virol. (1984) 51, 860-2.
 PMID:6088808

128. Lin M, Imai M, Bellamy AR, Ikegami N, Furuichi Y, Summers D, Nuss DL, Deibel R.
   J Virol. (1985) 55, 509-12.
 PMID:2991576

129. Lin M, Imai M, Ikegami N, Bellamy AR, Summers D, Nuss DL, Deibel R, Furuichi Y.
   J Viro. Methods. (1987) 15, 285-9.
 PMID:3034943

130. Tano H, Fan K, Kitajima MA, Kasai K, Tamatsukuri S, Furuichi Y, Hayashi T, Kondo M, Imai M.
   J Clin Microbiol. (1995) 33:2489-91.
 PMID:7494056

131. Arella M., Lavallée C, Belloncik S and Furuichi Y.
   J Virol. (1988) 62:211-7.
 PMID:3275433

132. Chen Y, Guo D.
   Virol Sin. (2016) 31(1):3-11.
 PMID:26847650

133. Lai MM, Cavanagh D.
   Adv Virus Res. 1997;48:1-100.
 PMID:9233431

134. Kim D, Lee JY, Yang JS, Kim JW, Kim VN, Chang H.
   Cell. 2020 Apr 18. pii: S0092-8674(20)30406-2. doi: 10.1016/j.cell.2020.04.011. [Epub ahead of print]
 PMID:32330414

135. Furuichi Y, Shatkin AJ.
   Adv Virus Res. 2000;55:135-84.
 PMID:11050942

136. Ogino T, Green TJ.
   Front Microbiol. 2019 Jul 10;10:1490.
 PMID:31354644

137. Gao Y. et al.
   Science. 2020 May 15;368(6492):779-782.
 PMID:32277040

138. 古市泰宏
   HIV治療薬の開発とタンパク工学(蛋白工学シリーズ)
 講談社サイエンティフィク (1991)

139. Staeheli P, Haller O, Boll W, Lindenmann J, Weissmann C.
   Cell. 1986 Jan 17;44(1):147-58.
 PMID:3000619

140. Maeda S, McCandliss R, Gross M, Sloma A, Familletti PC, Tabor JM, Evinger M, Levy WP, Pestka S.
   Proc Natl Acad Sci U S A. 1980 Dec;77(12):7010-3.
 PMID:6164056

141. Antonelli G, Simeoni E, Turriziani O, Tesoro R, Redaelli A, Roffi L, Antonelli L, Pistello M, Dianzani F
   J Interferon Cytokine Res. 1999 Mar;19(3):243-51.
 PMID:10213463

142. Hijikata M, Ohta Y, Mishiro S.
   Intervirology. 2000;43(2):124-7.
 PMID:10971132

143. Hijikata M, Mishiro S, Miyamoto C, Furuichi Y, Hashimoto M, Ohta Y.
   Intervirology. 2001;44(6):379-82.
 PMID:11805446

144. 三代俊治
   日本消化器病学会雑誌、101、121-126 (2004).

145. Jackson LA et al.
   N Engl J Med. 2020 Nov 12;383(20):1920-1931.
 PMID:32663912

146. 石 弘之
   感染症の世界史
   角川ソフィア文庫 (2014)

147. Sahin U et al.
   Nature. 2020 Oct;586(7830):594-599.
 PMID:32998157

148. Andries O, Mc Cafferty S, De Smedt SC, Weiss R, Sanders NN, Kitada T.
   J Control Release. 2015 Nov 10;217:337-44.
 PMID:26342664

149. Pardi N et al.
   Nature. 2017 Mar 9;543(7644):248-251.
 PMID:28151488

150. Pardi N et al.
   J Exp Med. 2018 Jun 4;215(6):1571-1588.
 PMID:29739835

151. Chumakov K et al.
   Science. 2020 Jun 12;368(6496):1187-1188.
 PMID:32527819

152. Nance KD and Meier J.
   ACS Cent. Sci. 2021 Epub ahead of print

153. Kariko K, et al.
   Mol Ther. 2008 Nov;16(11):1833-40.
 PMID:18797453

154. Kuhn AN et al.
   Gene Ther. 2010 Aug;17(8):961-71.
 PMID:20410931

155. Sahin U et al.
   Nature. 2017 Jul 13;547(7662):222-226.
 PMID:28678784

156. Pelletier J. and Sonenberg N.
  Nature. 1988 Jul 28;334(6180):320-5. 
 PMID:2839775

 

入会手続きはお済みですか?: 入会申込み

ログイン: