The RNA Society of Japan

「石、その六」 可憐さとは

Written by 塩見 春彦

三十代後半から四十代前半、私は司馬遼太郎の『坂の上の雲』を繰り返し、何度も何度も、讀んでいた。おそらく、不安定な時期の精神安定剤であり睡眠導入剤であったと思う。その小説の中に岡田武松(1874〜1956)という気象学者が出てくる。彼は、日露戦争時、中央気象台の予報課長兼観測課長として大本営の気象予報を担当することとなった。日本海海戦にあたって連合艦隊から大本営宛に打電された有名な電報「本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」の原典を書いた人である。

司馬は彼について以下のようにその人物像を紹介している。

岡田は、「日本はロシアを相手に宣戦布告したが、世界中は日本を遅れた国だとおもっている。だから英文の報告を世界の気象台や気象学会に送るべきだ」として、戦時予報のために毎日へとへとになっていながら、『中央気象台欧文報告』という海外むけの雑誌を発行した。岡田自身が編集し、論文も書いた。筋の通った気象研究者が何人もいないため、一つの号で岡田が四つも五つも論文を書いた。その可憐さは、さきの宮古島の五人の漁夫に似ており、無私な作業といってよかった。

岡田と同時代の人で早田文藏(1874〜1934)という植物学者がいた。彼は、ただひたすら、アジア、特に台湾の植物を採集し、観察し、分類して、膨大な英文論文・著書を残した[1]。たとえば、Materials for a Flora of Formosa(1911)は全470ページ。また、Icones Plantarum Formosanarum nec non et Contributiones ad Floram Formosanam(『臺灣植物圖譜・臺灣植物誌料』)は全10巻(1911-1921)、ページ総数2269。これらは彼の英文著作の一部である。“涙ぐましいほどの青空”という言葉が思い浮かび、天井を見上げてしまう。後者Iconesの第10巻にAn interpretation of Goethe’s Blatt in his “Metamorphose der Pflanzen”, as an explanation of the principle of natural classification (10: 75-95, 1921)[2]というタイトルの論文を見つけることができる。この中で彼が遺伝子と表現型の関係を説明している文章を以下に幾つか拾ってみる。

Thus, different genes participate in the work of producing a certain result, while different plants share with one another the work of certain genes.

Consequently, the relation of one individual to the others in phenomenal appearance is the relation of mutual participation or sharing of latent and apparent genes in individuals.

Genes present in individuals are not at all isolated, but are in close continuity in their essence.

Yet, different as they are, they are different only in conditions; they are all the same in their real entity. As the conditions are different, so the combinations of the apparent genes and the proportions of apparent and latent genes differ: so in consequence their phenomenal appearances will differ.

We say this organ and that organ are different. Yet, they are different only in phenomenal appearances; in real entity, they are always similar. The same holds good as to species. If the proper conditions according to the causal nexus are posited, it is possible to derive any organ or species whatever from any organ or species.

そして、その論文の次に掲載されている論文(The natural classification of plants according to the dynamic system. 10: 97-216, 1921)において以下のような仮説を提唱している。

The theory is in fact but one theory, yet for convenience’ sake I shall treat it as two, namely:- The theory of the mutual participation of the gene, and the theory of mutual sharing of the gene. Literally speaking, the word “participation” seems to express a united action of genes to produce a certain result. Different genes participate in the effort to produce the resulting plant or plant organ. Different plants or plant organs on the other hand are found to share in the work of certain genes, or combination of genes; or perhaps we may say the word “participation” points to the future, while the word “sharing” points to the work accomplished in the past. Thus, different genes participate in the work of producing a certain result, while different plants share with one another the work of certain genes.

彼はDarwinの進化論や系統樹というものを信用していなかったようです。綿密な観察を通して彼が得た植物器官の大きな可塑性を説明するための仮説は、しかも、この仮説はGoetheの考察とも共通するところがあるのですが、以下のように説明されます。

Their forms in different phenomena are naturally in inter-relation like the meshes of a net; but not in a serial relation like the branches of a tree.

したがってそのような様々な変化・表現型は、the theory of the mutual, participation and sharing of the genesで(のみ)説明できるが、

------ but not by the evolution theory (or the theory of phylogeny) which insists on a definite order in the formation of organs and species.

最初の論文には(マニアの間では有名な)とても美しい図が掲載されています(下図)。Johannsenがgeneという言葉(それとphenotype/genotypeというコンセプトも)を提唱したのが1909年であり、Morganが遺伝学の研究にショウジョウバエを用い始めたのが1908年頃、その成果が論文として出始めるのが1910-1911年(この両年に彼はScience誌に6報出しており、これが"the beginning of the science of genetics in the United States”と言われている)、それらの集大成としてThe theory of the gene (Amer Nat 51: 513-544)という論文を出したのが1917年である。Waddingtonが"networks of genes”が"different cell fates”を決めるというコンセプトを提唱したのは実に1957年です。1921年にこんな論文を出していた研究者がいたことに驚嘆します。なんだかsystems biologyの真髄を既に理解していたのではないかとも思えます。

写真の石はTel Avivの海岸で拾ったものです。その時は不思議と意識しませんでしたが、私がその時見ていたあの海は地中海です。黒いような真紅の夕日が水平線に落ちる光景を見ていて、モーゼもイスラエルの民とこの海岸を進み、そして、この石を踏みしめて行ったのでは、とある種のnostalgiaを覚えました。ただ、今、調べてみると、モーゼたちは死海のヨルダン側を回ってカナンに入植しているようですので、この海岸線は歩いていないことになります。残念。歩道の脇に半ば埋まっていたこの石は、私には「葉」の化石に見えました。葉脈のような柔らかな線が中央に見えます。

(2015年12月)

1. Bunzo Hayata and his contributions to the flora of Taiwan. 2009. Ohashi, H. Taiwania 54: 1-27.
2. Bunzo Hayataの論文はネットで見ることができます。たとえば、

https://archive.org/details/iconesplantarumf10hayauoft

また、Amazonで彼の著作を購入することもできるようです(アマゾンはすごいね!!)。


第一回  第二回  第三回  第四回  第五回  第六回  第七回  第八回  第九回

Don't have an account yet? Register Now!

Sign in to your account